足のむくみはなぜ起きるのか

夕方になると足がむくんで困っている、というような悩みを抱えている方は多いようです。特に女性で、立ちっぱなし・座りっぱなしの仕事の人に多く、朝履けたブーツが夜に入らない、などというちょっと泣ける笑い話もよく聞かれます。
こういった足のむくみは、足の血液やリンパ液の循環が滞ったために、足の組織中に水分がたまって起こります。なぜ循環が滞るかというと、もともと心臓から遠い位置になる足は、血液の働きが届きにくいため、体調や精神的な変調が起こった場合、すぐに影響を受けやすいという理由があります。また、疲労がたまったときにもむくみの症状が現れる場合がありますが、このときも疲れにより血液を循環させる心臓の働きが弱まり、症状が引き起こされるのです。
このような理由のむくみの場合には、一日で症状は治まる場合がほとんどです。ずっとむくみが治まらない、という場合には、心臓や肝臓など、内臓系の病気が原因である可能性が考えられますので、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。
一過性のむくみの場合には、時間がたてばもとに戻りますが、あわせて血液の滞りを治すような働きかけを行うことで、早い症状の改善が見込めます。日中ならむくむ箇所を心臓へ近いほうから遠いほうへ流れをつけてマッサージしてやると良いでしょう。また、入浴時にも筋肉をほぐすようにもんでやると効果的です。これらのマッサージなどはむくみ予防にもなりますので、症状が出る前に日中何度かもんでやると、症状が軽くなる可能性が高くなりますので、気が付いたときに行うようにすると良いでしょう。

関連ページ

むくみ放置で足が痛む
妊娠中に妊娠高血圧症候群にかかってしまい、苦労して出産しました。その後出産して1年半くらいで高血圧も完治したのですが、3年後になぜかむくみだけ再発するようになりました。妊娠中に食べ物に気をつ…