2016/05/02 15:47:02 | en

立ち仕事がとても多くて、夜勤をやったときも立ちっぱなしでとても足や顔がむくんだりしました。
その時に病院で見てもらったんですが、下肢静脈瘤になりかかりでした。
それは足に圧力をかける医療用のストッキングやハイソックスを処方してもらったり、はき方を教えてもらったりして、それを日常生活に取り入れていくと、かなり嫌な痛みから解放され楽になりました。
後は足を心臓より高く上げて寝るとか、血液の流れをスムーズにしてやるような工夫をするといいです。
最近では日帰り手術も出来るようで、片足は10万円くらいだそうです。
でも、静脈瘤だったら、10年おきにまた外側の血管を取り除くような手術をしなければならないため、何度も同じ手術をしなければならず、お金もかかることを思えば、圧着ハイソックスが一番手っ取り早く毎日快適に過ごせるやり方だと思います。

 

あと、スケートでイナバウアーを荒川静香がやっていたけど、あれもそうとういいようです。
滞っている血流が60%も改善するんで、時々やるといいです。
とても体は気分が良くなります。
反り返りが有効とは、驚きです!
とにかく、歩きも、足や顔のむくみ対策にいいみたいで、よく歩く人はわりと早めに治ります。
顔もたくさん動かしたり、休むことも大切ですが、むくみはリンパの流れを良くすることでもかなり改善します。
リンパマッサージをインターネットなどでも動画配信したりしていて、簡単に自宅で出来るようになりますし、リンパマッサージがなぜいいのか?ということもたくさん書いてあり、とても勉強になるので、一度検索して読んでみては?
やっていくと、とてもいいです。
体から老廃物がどんどん出て、自分でもハッキリわかるくらい、きれいになります。

2016/04/17 15:32:17 | hr

夕方になると足がむくんで困っている、というような悩みを抱えている方は多いようです。特に女性で、立ちっぱなし・座りっぱなしの仕事の人に多く、朝履けたブーツが夜に入らない、などというちょっと泣ける笑い話もよく聞かれます。
こういった足のむくみは、足の血液やリンパ液の循環が滞ったために、足の組織中に水分がたまって起こります。なぜ循環が滞るかというと、もともと心臓から遠い位置になる足は、血液の働きが届きにくいため、体調や精神的な変調が起こった場合、すぐに影響を受けやすいという理由があります。また、疲労がたまったときにもむくみの症状が現れる場合がありますが、このときも疲れにより血液を循環させる心臓の働きが弱まり、症状が引き起こされるのです。
このような理由のむくみの場合には、一日で症状は治まる場合がほとんどです。ずっとむくみが治まらない、という場合には、心臓や肝臓など、内臓系の病気が原因である可能性が考えられますので、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。
一過性のむくみの場合には、時間がたてばもとに戻りますが、あわせて血液の滞りを治すような働きかけを行うことで、早い症状の改善が見込めます。日中ならむくむ箇所を心臓へ近いほうから遠いほうへ流れをつけてマッサージしてやると良いでしょう。また、入浴時にも筋肉をほぐすようにもんでやると効果的です。これらのマッサージなどはむくみ予防にもなりますので、症状が出る前に日中何度かもんでやると、症状が軽くなる可能性が高くなりますので、気が付いたときに行うようにすると良いでしょう。

2016/04/09 14:08:09 | hr

妊娠中に妊娠高血圧症候群にかかってしまい、苦労して出産しました。
その後出産して1年半くらいで高血圧も完治したのですが、3年後になぜかむくみだけ再発するようになりました。妊娠中に食べ物に気をつけていたらむくみが治ったので、食べ物に気をつけて塩分を控えめにしたりして様子を見ていたのですが治らず…。
今では食べ物に気をつけていても疲れてきただけでむくむようになりました。私が酷くむくみが出るのは足で、日中でも座っていると足が痛くなってぶくぶくにむくみます。
まるで象の足のようにくびれがなくなるんです。朝と夕方の足の違いはすごいです。
別人のようなんです。
以前あまりの足の痛みに病院へ行ったことがありました。原因は冷えからくる足のむくみということでした。
足を押されるととっても痛くて痛くてびっくりしました。
しかしマッサージ後はすっきり爽快で足のむくみもすっかりとれていました。その後しばらくストレッチや軽い運動をして過ごしている内に足の痛みやむくみも消えていき、治ったのかと思いましたがここ数日また再発してしまいました。
足のむくみって思っているよりも辛いです。足がだるくて夜に眠れない日もあります。
何か足のむくみが改善される方法があるといいのですが…。
マッサージは効果が高いけれど、お店に行くとお金もかかるし高いですよね。
なかなか難しいです。冷えを改善すればむくみは治るよと言われましたが冷えが中々頑固で治りません。困ってしまいます。

2016/04/08 13:29:08 | news

1日中デスクワークだったり、毎日の立ち仕事で足がむくんでしまったという経験をしたことがある人は多いと言えます。それではどうしてむくみといった症状が出るのかというとその原因は一言で説明するなら血行不良です。静脈リンパの流れが悪くなると余分な水分が細胞間に溜まってむくみとなってしまいます。特にデスクワークやたち仕事では腕は動かしますが足は動かさないといったケースが多いですし、心臓から離れた場所ほどむくみやすいということが出来ます。

 

体を動かしている時はむくみの症状は出ないのですが、筋肉を動かさない状態が続くとポンプ作用より多くの水分が送り出されることでむくんでしまいます。特に疲労、飲酒、暑さといった環境の時にむくみの症状は出やすくなります。解消方法としては体を動かしてやることです。休憩時間に伸びをしたり、マッサージをしてやる、また家に帰ってからしっかり入浴するといったことも大切です。

 

他にも塩分の過剰摂取は控えて、寝る時に少し足を高くしてやるといった改善方法もありますし、ストレスというのはむくみを悪化させる要因になるのでストレスを溜めないというのも改善方法のひとつと言えます。あとはむくまないようにの予防策としてむくみ防止の靴下を着用する、血行が良くなる食事を心がけるといった方法があります。青魚が特に血液をサラサラにする効果があるので摂取するようにしましょう。他にも野菜や果物に含まれるビタミンも血行促進が期待できます。

2016/04/07 16:17:07 | montana

むくみは女性にありがちな不調のひとつとして、よく取沙汰されることがあります。特に気になることが多いのは、脚そして顔のむくみです。脚のむくみがひどいと、ブーツなどが履けずにおしゃれに影響が出ることによって、気分も憂鬱になりがちです。顔のむくみも、最も人目にふれやすいところですから、気にならないわけがありません。このように他の病気などに比べると、痛みなどといった辛い症状とは関係なさそうなむくみですが、当の本人にしてみれば結構それなりに辛いものです。

 

このことは実際に自分が経験してみると、よくわかるものです。それまで特別にむくみに悩んだ経験がなかったのに、突然のむくみに悩まされる、そんなこともあるのです。突然のむくみといっても、思い当たる原因もなく、いつになったら、そしてどうしたら治るのかもわかりません。脚のマッサージをしたり、むくみに効くというツボを刺激したりと試行錯誤を繰り返すも、むくみの箇所が脚からお腹回りや顔に移ったり、手もむくんでいることがはっきりわかったりと、全身を巡るようにむくみ続けるのです。

 

このようなむくみは本人としてはとても気になるものですが、いわゆる更年期の女性にはよくあることのようです。たいてい心配はいらないことが多いようですが、初めてこうしたことを経験すると、何かの病気ではないかとまずは疑ってしまうものです。更年期のホルモンバランスの乱れなどが原因ならば、その予防法より以上に対処法を知りたいというのが切実なる思いです。

2016/04/06 17:33:06 | en

むくみの症状が起こった時には、漢方で余計な水分を排出してみるとよいです。
体に水分が溜まったままになっていると、むくみの症状が起きやすくなってきます。この症状を改善するために運動しても、体質によって効果が表れないこともあるのです。漢方は、直接体に成分を取りこむことができるので、体質的にむくみを起こしやすい方のケアとして適しているでしょう。
むくみ解消のための漢方では、まず体質の確認を行っていきます。むくみが起こりやすい方でも体質には大きな違いがあり、それに合った漢方を使わないと十分な効果を期待できなくなるのです。体質をチェックして具体的な特徴を把握しておけば、それに合った漢方を選んでいくことができるでしょう。
チェックについては、漢方を販売している医薬品メーカーのチェックシートを使ってみるのがおすすめになってきますが、それ以外に漢方専門薬局の薬剤師に相談してみるのもおすすめです。
具体的な方法で、体質の特徴を理解した後には、漢方薬を飲んでいくことになります。むくみは、多くの方に起こりやすい症状になっているため、多くのドラッグストアで症状改善のための漢方薬を販売しています。市販のものでも、効果が出るように調合しているので飲むことでむくみの解消効果を得られるでしょう。
むくみが起こったときには、諦めることなく漢方を使ってケアを行うことで、体質自体を変えていくことができます。体がすっきりしてくれば、体調不良も改善できるでしょう。